海のむこう 空のむこう

diastella.exblog.jp
ブログトップ

猫の姉妹

寒くなりました。

以前は、冬になると、ソニヤは嬉しそうにわたしの布団に入ってきたものでした。
しかし、エィミ来てからというもの、ベッドにはいつも先客(エィミ)が。


ソニヤがかわいそうなので、湯たんぽを入れたふかふかベッドを作ってあげました。
ところが、あっという間に黒いのが走ってきて……

c0094558_12333092.jpg



やっぱこうなるよね。


c0094558_1233316.jpg



仕方なく、古いダンボールに入るソニヤさん。
下に敷いてるの、ひえひえマットなんですけどー(出しっぱなしでごめんよ)。


c0094558_12333162.jpg



こうしてみると、ソニヤがだいぶ待遇悪いみたい。
ごめんよソーちゃん。



うちだけなのか、時間差で飼われた猫が複数いるとふつうなのか分かりませんが、ソニヤとエィミが長女と末っ子の姉妹のような関係になってきました(ただし、仲の悪い姉妹 笑)。


気難しくて、甘えられないソニヤさん。
エィミは屈託なく明るい甘えんぼ。


ソニヤを撫でたり話しかけると、エィミが走ってくる(ソニヤ去る)。
ソニヤとベッドにいると、エィミが乗ってくる(ソニヤ去る)。
ソニヤと遊んでいると、エィミが飛び込んでくる(ソニヤ去る)。
ブラッシングしようとソニヤを呼ぶと、エィミがすべりこんでくる(ソニヤ茫然)。


エィミは邪魔するつもりはなくて「一緒に」と思ってるみたいだけど、ソニヤはエィミが嫌い。
一緒なんて嫌なので、怒って唸りながら去っていくのです・・・。
自然、エィミと過ごす時間のほうが多かったり。
わたしだって、ソニヤのことも可愛がりたいのになー。


人間は兄弟の順番が性格に現れるといいますが、家庭の中の猫もそうなんだなって思います。

とりあえず、平等を期して、ベッドをもう一つ作ってあげなくてはね~。
[PR]
by diastella | 2014-11-18 18:15 | ソニヤ