海のむこう 空のむこう

diastella.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリスマス in 沖縄

皆さん、あろー。

本日、仕事おさめで、ちょっぴり浮かれ気味のりすです。

でも、本当は先週末もお休みしていて、恒例の沖縄に里帰りしていました。

今回は、島だけじゃなくて、本島もぐるりとしてきたよ。



c0094558_2223911.jpg
ご存じ、美ら海水族館のジンベイザメ。



沖縄へ行くの、何度目かな。
10回を超えたあたりから、数えるのをやめてしまいましたが、
今や、本当の故郷より親しみのある場所です。


c0094558_22354.jpg
(比較的)新しい沖縄そば屋さん、「ほりかわ」。あぶりソーキがおいしかった!



わたし、沖縄へ行くと、自然と語尾が「-さぁ」ってなるみたい。
沖縄本島に至っては、メジャーな場所は行き尽くしてしまったのだけど、
何度訪れても好きな場所は好き。


c0094558_2233537.jpg
数年越しの夢が叶って、やっと行けたレストラン。



今回行けて一番うれしかったのは、市内にあるイタリアンレストランですねえ。
沖縄でイタリアン…?というかんじですが、もう何年も行きたくて、
予約やタイミングが合わずに行けてなかったのです。

女性のオーナーシェフがたった一人で、素材の仕入れから、調理、給仕までをされているお店。
素材は、厳選された沖縄と、国内、または世界の食材。
とってもこだわっているのに、まったく気取らないお店。

ああ、行けてよかったーーー。


c0094558_224085.jpg
クリスマスの詰め物をしたチキン。いつか全メニュー制覇したい。。。



途中から写真撮らずに黙々と食べていました(笑)。
しあわせでした。


c0094558_224263.jpg
アメリカとドイツで修行したガラス作家さんの作品。



でも、ちょっとかなしいことも。
大好きで、大事にしたい場所なのに、変わり果ててしまったところがいくつか。

必ず訪れる壺屋もそのひとつで、手前の道路が広くなってアクセスが良くなった代わりに、
以前のそこだけ時間の止まったような通りが、現代に追いついたかんじになっていました。

お店を出している人達からすると、いいことなのかもしれないけれど、
せつなかったなあ。

もうひとつの場所については、胸が痛くて書けない。。。



c0094558_225025.jpg
りす、人生初、ガラス作品。



沖縄で、陶芸(おちゃわん作り)と、シーサー作りはしたことがあったけど、
未体験だったガラス吹きに挑戦。

作りたいものの、かたちや色、デザインを選んで、職人さんに手伝ってもらいながら、作ります。
りすが選んだのは、白い雲模様に、色とりどりのガラスのつぶをつけたタンブラー。


はじめに、水飴みたいなガラスをちょっとだけ取って、くるくる棒を回して丸めて、
白い粉の上を転がします。これが雲もようの素。

次に、もっとたくさんガラスを巻いて、やっぱりくるくる回しながら形を整えて、
ガラスの粒々を転がして、吹いて。

いやー、熱くてちょっと緊張したので、工程は正確には覚えてないんだけど。笑
デザインとか、それほど自由度が無い上に、全行程、職人さんに支えてもらいながらやるので、
誰が作ったって同じようなものが出来るんじゃないかな?って思ってたのね。

でも、今日届いたコップを見たら、これ、なんかすごくわたしらしいー。
ちょっといびつで、雲もようも偏ってて、絶対店頭じゃ売れないだろうけど、
そんなところもわたし好みです。気に入りました。

次、沖縄行ったら、またガラス吹きやりたいなあ。
って、次に作るガラスのデザインをすでに考案してしまいました。^^



きれいな風景の写真とか一枚もないけど(今更、風景写真を撮ろうって気になれないの)、
すごーく、楽しい旅でしたよ。

沖縄、また来年ね。
[PR]
by diastella | 2012-12-28 22:34 | 旅に出てました。

どーん。

c0094558_2231271.jpg



どーん。とした、ソニヤ丸。


c0094558_2234793.jpg



毎日見ているわたしも、たまに、「で、でかすぎる」と焦ります。
[PR]
by diastella | 2012-12-17 22:05 | ソニヤ

ミミちゃんのこと~数分だけの、わたしの猫。

これから書く話は、悲しくて残酷なお話です。



職場の昼休み、オフィス近くの地域猫をめぐる散歩をしているわたし。
昨日のことですが、初めて見る猫に会いました。

遠くから見て、シルエットがややおかしい。
嫌な予感を胸に、近づいてみると……
目も鼻も口もどうなっているのか分からない、顔が腫れあがってドロドロの猫でした。
顔は遠目に見てもおかしなくらい前に出っ張っていましたが、
身体は逆に、骨と皮で、毛もはげて、ぼろぼろ。
呼吸さえもままならない様子…。
描写するのがためらわれるほど、正視に耐えない状態でした。
このままでは、あと数日生きられるかどうか……。

ご飯を食べるかと、持ち歩いているフードをあげてみましたが、反応なし。
目が見えず、鼻も効かないので、フードを置いたことが分からないらしい。
耳だけは聴こえているようだったので、ボウルに水を入れてきて、ぴちゃぴちゃと鳴らし、
口元へ持っていってみると、飲みたがっているようですが、飲めず……。

どうしたらいいものか。
迷いながら、昼休みが終わったので一度はその場を去りましたが、
出来ることをしてあげよう、病院へ連れて行こうと決め、仕事の後戻ってきたらいませんでした。
意外と動ける動ける体なのか、または誰かが病院へ連れて行ってくれたのかも、と
かすかな希望を持ちつつ、今日も様子を見に行ったところ、いました。

もうすでに死んでいるのかと思ったほど、横になって動けなくなっていました。
急いで、近くの病院へ。
持ち上げた猫の入った箱は、まるで空っぽのように軽くて……。
それでも、点滴を打ったら、元気になるかもしれないと思っていました。

病院に着いて言われた言葉は、おそらく上あごに出来た癌であること。
それが顔全体を蝕んで、飲むことも食べることもできないこと。
それまで、表面的なケガかと思っていたのですが、望みがないことを悟りました。
獣医師さんの口から出た言葉は、予想通りの「安楽死」……。

わたしは、他の命の終わりを勝手に決めるのは、基本的にしてはいけないことだと思っていて、
この言葉を聞くのを恐れていたのですが、水も飲めずに倒れて死を待っている姿があまりにも辛そうで、心を決めました。

獣医師さんは、猫にもわたしにも、精一杯の対応をしてくれたと思います。
のどが渇いたまま死なせたくないと思って、「最後にお水をあげることはできますか?」と訊いたら、
スポイトで水を飲ませてくれました。

処置の準備の間、猫の体に触れて、「だいじょうぶだよ」と話しかけました。
名前を呼んであげたいと思い、「ミミちゃん」と呼びました。
目も鼻もなくて、耳を頼りにしばらく生きていたと思うから。大切な耳の、ミミちゃん。
「ミミちゃん」と呼びかけると……横たわって、顔を覆っていた膿が流れて、
辛うじて左の眼が少しだけ開いていて、金色の真ん中の瞳孔が少し大きくなったのが見えました。
一生懸命、わたしのことを見ているようでした。

それから処置が始まり、薬が入ると、苦しげな息がすぐ、静かになりました。
弱っているから、薬がすぐ効くのだと言われました。
動かなくなったミミちゃんを見て、悲しいよりもほっとしました。
本当はもっともっと、たっぷり水を飲ませてあげたかったけど……もう渇きもないんだよね。

ミミちゃん。
ミミちゃんは黒猫の男の子。
胸のところが少しだけ白くて、体重は2.3㎏しかありませんでした。
本当は、5kgくらいあってもおかしくないはずだけれど。
こんなになるまで、がんばって、強い子だったんですよ、と言われました。
本当に、がんばったんだね……。

処置の途中、先生が気がついたことですが、ミミちゃんの耳には、番号が振ってありました。
これは、ふつう、実験動物にされるものだそう。
もしかしたら、癌も関係があるかもしれないとのこと。

ミミちゃんは、もしかしたら長いこと、小さなケージで飼われ、
いろんな薬品を塗られたり打たれたりして発病し、最後は捨てられてしまったのかもしれません。
外にどれくらいいたんだろう。
わずかな間だとしても、太陽の下を自由に歩けたことは、幸せだっただろうか。
それとも、癌を抱えた体では、ただ辛いだけだったかな……。

安楽死に対する考え方が変わったわけではないけれど、
病院へ連れて行ったことで、良かったことがありました。

まず、ケガではなく病気だと分かったこと。
(誰かに虐待されたのかと思っていたので……。)
少しでもお水を飲ませてあげられたこと。
触って声をかけてあげられたこと。
最期を看取れたこと。
それと、供養してあげられること。

初めに病院へ連れていくのを迷ったとき、安楽死への抵抗のほかに、
本当は見なかったことにしたい気持ち、向き合う辛さがあったと思います。
でも、未だに忘れられない、子どもの頃助けられなかった子達を思い出して……
わたしは絶対に、この子を死ぬまで忘れられない。
今、大人で、出来ることがあるのだから、しようと思いました。
そして、出来たこと、良かったと思っています。
最期までがんばったミミちゃんに、申し訳ない気持ちはあるけど……
これが罪ならわたしは背負うよ。
それでも、楽にしてあげたかった。

ミミちゃんは、名前をつけたときから、ほんのわずかな間だけですが、わたしの猫になりました。
だからここに、記録を残しておきます。

ミミちゃん、次に生れてくるときは、猫でもなんでもいいけれど、幸せな子として生まれてきてね。
今はただ、飢えも渇きも痛みも恐怖もなく、安らかでありますように。
[PR]
by diastella | 2012-12-12 15:28 | こんな日でした。

新しい本棚。

欲しいと思っていたのとは違うタイプなのですが、本棚を買いました。


さっそく本を・・・

c0094558_23175467.jpg


本を・・・

c0094558_2318736.jpg


あの、本が・・・

c0094558_23181789.jpg


入らないんですけど・・・


c0094558_23213192.jpg




同じシリーズの家具を揃えているので、部屋がすっきりしましたが、
本が入りきらないので、やっぱりもともと欲しかった棚が出てきたら、買おうと思います。


!そういえば!

YUEさん、かなっぺさん、生活の木のエッセンシャルオイル福袋の予約が始まりましたよ~。
わたしはさっそく予約しました♪
[PR]
by diastella | 2012-12-07 23:22 | ソニヤ

うさたん。

12月に入りました。

あまりの寒さに、机に座っていられなくて、
ノートPCをローテーブルに移動し、ねころんぼの上に座りっぱなしのわたし。
そこへ、「おひざにのせて~」とやってくるソニヤ丸。

c0094558_22473570.jpg


冬になると、なぜか「ねーたんがだいすき」な気がするソニヤ丸。

c0094558_2248252.jpg



うさたん。


c0094558_22482399.jpg



・・・なすがままなのです。
[PR]
by diastella | 2012-12-03 22:50 | ソニヤ