海のむこう 空のむこう

diastella.exblog.jp
ブログトップ

タグ:おいしいもの ( 4 ) タグの人気記事

シベリア+城ヶ島

間が空きましたが……この間のいろいろをまとめて。

まず、ジブリつながりで「シベリア」。

c0094558_10203248.jpg
遅ればせながらDVDで「風立ちぬ」を観まして。
あるシーンで「わあ、シベリア!」と、主人公の「シベリアだよ」という台詞の前に声をあげてしまいました。

シベリアって、東京の古くからあるパン屋さんでときどき見かけるんですね。
だいたい、ガラスに掠れかけた字でお店の名前が書いてあって、ガラス越しに並んでるパンが見えて、店内が暗い。

通りすがりに、この魅力的なビジュアルにおっと目を引かれるのですが、どちらかと言うとペストリーやハード系のパンが並んでいる今風パン屋がすきなわたしは、これまで立ち止まらずに来たのです。
「シベリア」っていう名前を、自分がどうやって知ったのかも、よくわからない。

「風立ちぬ」を観て、シベリアを食べてみたくなって、行きましたよ。今まで通り過ぎていたパン屋さん。手づくりっぽいサンドイッチなども売っていて、おいしそうでした。

シベリアは、「風立ちぬ」の時代でもある昭和初期に流行ったお菓子みたいですね。
さっぱりした肌理細かなカステラと羊羹がしっとりと一体化した、美味しいお菓子でした。


さて、話は変わりますが、先日、恒例の大学の先生方とOBの方々との1泊旅行に行ってきました。
今回の行き先は、三浦半島の城ヶ島。
以前にあるブログを見て、この島のことを知り、一度行ってみたいと思ってたところでした。

c0094558_10264166.jpg
海がとてもきれいなの。

c0094558_10265927.jpg

久しぶりに目の前に広がる海を見て……やっぱり海っていいなあと思いました。

夜はまぐろ尽くしの宴会。

c0094558_10272013.jpg


まぐろの皮の酢ぬた、胃袋、卵の煮物、煮付けにカマ焼き、白子の入った茶碗蒸しに唐揚げ。

c0094558_10271289.jpg


そして、ほほ肉も含め7種類くらいのお刺身。とーっても美味しかった♪
食べきれなくて、漬けにしてもらい、次の朝頂きました。


c0094558_10275921.jpg

猫もたくさんいて、2階の部屋で食事をしていたら、屋根に登って来て、わたしに向かって「ちょうだーい」と鳴くのです……。先生方が「猫に人間のご飯をあげてはいけない」と仰るのであげませんでしたが。一人か夫と一緒だったら絶対あげちゃってたなあ。


c0094558_10274159.jpg
場所変わって次の日のお昼ご飯は天ぷら。美食三昧な旅となりました。

今回の旅行は83歳の先生(とってもお元気!)を筆頭に70代、60代の先生方と3人のOBの方、わたしが最年少で計7名でした。わたしは初めましての方もいて、普通ならちょっと気詰まりな組み合わせなのかもしれないですが、お互いほど良い気遣いでとっても楽しい時間を過ごせました。先生達のやり取りを聞いてるだけで楽しくて、車の中でみんなで声を揃えて笑ったり。OBの方達はわたしよりずっと年上で、大学にいる年代も重なったことがなく、性格もそれぞれのはずなのに、同じ大学というだけでなんだか通じるものがある。ふしぎですねえ。楽しい企画をして下さった先生と、同じ時間を共有して下さった皆さんに感謝です。

帰宅したら……ヨレヨレのAくんに迎えられました。
なんでも、エィミがわたしを探して朝の5時まで泣き喚き、寝られなかったのこと……。わたしの部屋で、近所迷惑になるような声で鳴いて鳴いて、ドアのほうで物音でもしようものならすっとんで行くそうです。

(この間、Aくんがいなくて、わたしが留守番だったときは普通だったけどなー。)


c0094558_10284397.jpg

エィミって、ソニヤと比べるとすごく猫らしい猫だと思っていたけれど、この子はこの子で個性的なのかもなあ。毎日お風呂に遊びに来るし、人と(わたしと?)一緒にいるのが好きなのですね。

一方、お留守番慣れしているソニヤは「どうせ帰ってくるニャ」と、泣き喚くエィミを冷めた目で見ていたとか。

c0094558_10283229.jpg

一人ぼっちのお留守番、何度もしてるもんねえ。

みんなもお留守番ありがとうございました。
城ヶ島、今度はAくんとゆっくり行きたいなあ。



[PR]
by diastella | 2014-09-21 11:02 | 旅に出てました。

台北 3日目

更新が追いつきません。。。
3日目の朝ご飯。

前日にお粥を食べに行ったときに、賑わっていて気になった店に行きました。
豆漿、つまり豆乳屋さんです。

c0094558_130378.jpg


米漿(米のミルク)と塩味の豆乳、油條(⬅字が違うけれど)、卵焼きのクレープ巻きのようなもの。
全部で100元(300円)くらい。

c0094558_1304144.jpg


塩味の豆乳は、別のものをオーダーしようとしたら、店の人が「これがうまいよ」というので、
試してみたら、本当においしかったです。
中に、刻んだ揚げパンとかネギとか落花生とか肉とか入ってたかな。
塩の効果で(たぶん)おぼろ豆腐みたいに固まるのです。

c0094558_130413.jpg



揚げパンをひたして食べます。

c0094558_1304250.jpg


こんなローカルな店がまえ。

c0094558_1304395.jpg


実はチェーン店なのかな。
あとで他のところでも見かけました。

c0094558_130442.jpg


その後、スタバでコーヒーを飲んでいたら、窓の外に見慣れた顔が…。

c0094558_1304567.jpg


堀口孝雄さんのコンサートののぼりでした。

c0094558_1304695.jpg


街中を歩いていて見かけた鶏肉やさん。

c0094558_1304681.jpg


次の目的地はここ。今、台湾で一番人気(らしい)のパイナップルケーキ屋さんです。

c0094558_1304755.jpg


実は、先月青山に一号店が出来たらしい。。。と、その夜知りました。
でも、パイナップル100%でおいしかった。
(買うと試食を一つもらえます。)

c0094558_1304787.jpg



その後、訪れたのはここ。
中国茶の茶館、紫藤盧(⬅ちょっと字が違うけど)。


c0094558_1304871.jpg


中はけっこう広く、和室もあります。
日本統治時代の建物らしい。

c0094558_1304911.jpg


いろんなタイプのお部屋があります。

c0094558_130496.jpg


なにやら巨大な根っこの飾りが。。。

c0094558_1305042.jpg


それぞれのテーブルにアルコールランプがあり、お湯を沸かします。
中国茶は何度も淹れられるので、一日中いられるそう。

c0094558_130511.jpg


お茶菓子に、パイナップルケーキと烏龍茶で煮た梅を頼みました。
手作りのパイナップルケーキ、茶葉入りのもあっておいしい!


c0094558_130527.jpg


ランチもやってるそうです。

c0094558_1305213.jpg


建物の外側もいいかんじ。
お茶が一人分300元くらい。
お菓子も含めて1000元くらいだったかな。
あまり長居しなかったので、使わなかった茶葉は持ち帰らせてくれました。

c0094558_1305353.jpg


疲れたので、ホテルで一休み。
頂き物の巨大なアメリカンチェリーです。まるで姫りんご。

c0094558_1305350.jpg


夜は人気のレストラン、「欣葉」にて台湾料理。
こちらは麺。

c0094558_1305477.jpg


そして、サツマイモのお粥。
台湾のお粥はサツマイモが基本だと、今回まで知らなかった。
地瓜粥、といいます。

c0094558_1305596.jpg


以前から試したいと思っていた、牡蠣のオムレツ。
小粒の牡蠣を卵でとじて、片栗粉をまぶしてあげ焼きにしたかんじでした。
ちょっと甘いソースで頂きます。
想像とは違ってたけど、おいしかった。

c0094558_1305551.jpg


豚のマメ(腎臓?)の煮たの。
食べかけでごめんなさいーー。

写真を見ると食べ物ばかりですが、
実際、食べてばかりで、胃が痛くなってきました。。。

c0094558_1305629.jpg


そして、今日もエィミは出てきませんでしたとさ。
[PR]
by diastella | 2014-01-30 01:29 | 旅に出てました。

台北 二日目

台北2日目の朝はお粥でスタート。

c0094558_03918.jpg


ガイドブックで見つけたお粥横町なるところにあるお粥屋さんへ行ってきました。
さつまいもの入った地瓜粥が、一人台湾ドル25ドル(約75円で食べ放題)。
あとは、好きなおかずをカフェテリア方式(指差し)で頼んで食べます。


c0094558_031165.jpg


たくわんみたいな、お漬け物が入った薄いオムレツ。
これは、作り置きじゃなくて、頼んだら作ってくれるもの。

c0094558_031173.jpg


茄子の揚げたのを、台湾バジルとくたくたに似たもの。

c0094558_031251.jpg


型に敷き詰めて焼いたハンバーグを切り分けたようなもの。
味は、アメリカでパンケーキに添えてあるソーセージに似てたかな??
なんだか、わたしにはとても懐かしい味。
上に乗ってるのは、塩漬けの黄身。

あ、あと、大きい写真がないけど、筍の穂先の炒め物と、揚げパン!

c0094558_031296.jpg


無名という名のお粥やさんでしたが、朝4時まで開いてる有名店だそうです。
(タクシーの運転手さん談。)
ちなみに、ふたりでこれだけ食べて、900円くらいかな。

c0094558_031349.jpg


腹ごなしに、日曜の花市に来ました。
高速道路の下のスペースが、植木やら盆栽やら切り花やら、
あらゆる種類の植物屋さんになるのです。

c0094558_031452.jpg


種々雑多。

c0094558_031480.jpg


人もたくさん。犬連れ多し。

c0094558_031571.jpg


可愛い多肉植物。安いの、一鉢100円くらい。
買いたいけど、持って帰れないからねえ。残念。

c0094558_031660.jpg


花市の隣は、玉市。
台湾で有名な翡翠やら、いろんな石のアクセサリーやら、
真珠に珊瑚、骨董品まで売ってる大きな市です。
掘り出し物もあるらしいけど、偽物もたくさんなので、見る目が必要かな。
欲しいものは無いけど、見ていて楽しい。

c0094558_031626.jpg


大きな琥珀に、スズメバチが閉じ込められていました。
本物かなあ。。。

c0094558_03175.jpg


歩き疲れてひとやすみ。
台湾のコーヒーチェーンにて、胡麻+ヨーグルトのマカロンと、
ライチ味のカプチーノ。

日本には無い組み合わせに惹かれてつい頼んじゃったけど、
まあ、チェーンなので、お味はほどほどです、、、
甘い飲み物苦手なので、カプチーノはほとんど飲めなかった。ごめんなさい。


c0094558_031883.jpg


結局、5時間も歩き回って、やっとホテルに。
信義(シンイー)という街にいるんだけど、近いところに色々あるので、歩いちゃうんです。

部屋に、コンプリメンタリーのカクテルが用意されていました。

c0094558_031815.jpg


ウーロン茶のジンと、蜂蜜シロップと、レモンジュースと氷をシェーカーで振って、
ウーロンマティーニのできあがり♪
ここ数ヶ月、お酒を飲んでなかったので、酔いがすぐまわりそう。。。

でも、夕飯はご招待されていたので、お酒はほどほどにお出かけ。
手作りのジャージャー麺、フカヒレのスープ、大好きな豆腐麺の和え物を頂きました!
おいしかったけど、写真なし。。。

お腹がいっぱいになったのに、帰り道、人気のかき氷屋さんに寄りました。
アイスモンスターってお店です。

c0094558_031970.jpg


ミルクティのかき氷とタピオカ。

c0094558_032096.jpg


季節のおすすめ、イチゴのかき氷。
マンゴーが有名なんだそうですが、季節じゃないので、こっちがおすすめなんだそう。

なんていうかね、おいしいんだけど、これはかき氷じゃありません。
ふわふわ食感で、イチゴのジェラートを削ったようなかんじかなあ。
上のミルクティも一緒です。
中に、イチゴアイスとパンナコッタとイチゴのソースが入ってて、
大量なので、二人で一つで十分そうなんだけど、
一人120元以上オーダーしないといけないって決まりがあるのだ。

おいしかったけど、ふつうのかき氷に豆とかトッピングできるやつが食べたい。

c0094558_031938.jpg


あったかい、お芋と白玉のデザート。
ショウガシロップに浸かっていて、身体があったまります。
今日はなんか、お芋づいてるなあ。。。
(写真ないけど、おやつにサツマイモのフライも食べた。)

c0094558_032197.jpg



今日のソニヤさんは、余裕しゃくしゃくです。
エィミは、ベッドの下から出てこないそうです。
エイちゃん、がんばれ〜。
[PR]
by diastella | 2014-01-27 00:01 | 旅に出てました。

関西旅行② 瓢亭の朝ごはん

さて、一人京都で目覚めた朝。
すでに太陽がまぶしい街で、りすが向かったのはこちら。

c0094558_8433340.jpg


朝粥が有名な「瓢亭」さんです。

りすが瓢亭を知ったのは、ミットゥンさんのブログ
これによると、ミットゥンさんは、まだ本物の瓢亭の朝粥を食べたことがないらしい。

すみません、お先に頂いちゃいました。

c0094558_843283.jpg


京都らしい、しっとりした中庭。

c0094558_8433035.jpg


まずは、梅湯。

c0094558_843309.jpg


ひとつひとつ丁寧に作られたおかずに、

c0094558_843316.jpg


豆腐のおつゆ。

c0094558_843324.jpg


そして、メインの朝粥です。

c0094558_8433217.jpg


おだしの効いた餡をかけて、いただきまーす。

とてもおいしうございました。
ただ、ちょっと残念なのは、時期的に瓢亭の別館しか空いておらず、
大部屋のテーブルで頂いたのですが、なんだか「しっとり」っていうよりも、
修学旅行を思い出させるような、旅館の朝ごはん的雰囲気だったことかな。。。

本館だと、個室のようです。
(でも、別館+2000円ほどお高いのです。)



さて、食後は、京都駅へ戻るバスを探しつつ、腹ごなしの散歩。
行きはタクシーで来ました。
なぜなら、バスに乗ろうと思ったら、既に修学旅行生の長蛇の列が出来ていて、
予約した時間に遅れそうだったから・・・。

京都はホント、どこへ行っても修学旅行生がいっぱいで、
どこへ行ってもワイワイしているのがちょっと残念ですね。
わたしも高校のとき来たから、文句は言えないけどさ。


c0094558_8433418.jpg


平安神宮を見つけたので、ちょっと寄る。

c0094558_843358.jpg


ちょっと寄る…つもりが、建物が大きくて遠目に見えるので、
歩くとけっこう遠いことが判明。

門をくぐると、そこには運動場のようなだだっぴろい砂地が横たわり、
建物への侵入意欲を削ぐ。。。

ここで、踵を返して帰りました。すいません。


さて、これから、友達の待つ大阪へ向かいます。
[PR]
by diastella | 2013-06-03 08:42 | 旅に出てました。