海のむこう 空のむこう

diastella.exblog.jp
ブログトップ

タグ:メインクーン ( 30 ) タグの人気記事

芸術の秋

12月に入りましたね。

と言っても、我が家の周辺は紅葉が今が見ごろで、秋まっさかり。
週末は、落ち葉を踏んで散歩して、焼き芋や焼き栗を堪能しました。

そして、秋と言えば芸術。

赤いゴム製の猫の顔型傘マーカーに、そーちゃん風のペイントをしてみました。

c0094558_10593218.jpg



元の顔型が違うので、ソックリというわけにはいかないけれど、


c0094558_1059325.jpg


この角度だとちょっと似ている。左目の下の黒い部分もこだわって塗りました。


c0094558_10593332.jpg



こうして上から見ると、ソニヤっぽい。

c0094558_10593386.jpg



にゃ、にゃんだこれは。

c0094558_10593494.jpg



ちびソニヤだよ。似てるでしょ?

c0094558_10593412.jpg



に、似てにゃいもん。
と、うつむいた顔が一番似ているのでした。


ゴムなので、すぐ絵の具が剥げちゃうけどね~。
こんなひと時の楽しみもよいものです♪
[PR]
by diastella | 2014-12-01 20:00 | こんなのできた。(その他篇)

4コママンガ: 張り込み



c0094558_16583371.jpg

張り込みかったりぃー。いつまでここにいりゃいいのかね。




c0094558_16583435.jpg

む、ついにホシが動く気配。。。



c0094558_16583465.jpg

「あ」




c0094558_16583561.jpg

「あー・・・・」






[PR]
by diastella | 2014-11-26 20:00 | エィミ

猫の姉妹

寒くなりました。

以前は、冬になると、ソニヤは嬉しそうにわたしの布団に入ってきたものでした。
しかし、エィミ来てからというもの、ベッドにはいつも先客(エィミ)が。


ソニヤがかわいそうなので、湯たんぽを入れたふかふかベッドを作ってあげました。
ところが、あっという間に黒いのが走ってきて……

c0094558_12333092.jpg



やっぱこうなるよね。


c0094558_1233316.jpg



仕方なく、古いダンボールに入るソニヤさん。
下に敷いてるの、ひえひえマットなんですけどー(出しっぱなしでごめんよ)。


c0094558_12333162.jpg



こうしてみると、ソニヤがだいぶ待遇悪いみたい。
ごめんよソーちゃん。



うちだけなのか、時間差で飼われた猫が複数いるとふつうなのか分かりませんが、ソニヤとエィミが長女と末っ子の姉妹のような関係になってきました(ただし、仲の悪い姉妹 笑)。


気難しくて、甘えられないソニヤさん。
エィミは屈託なく明るい甘えんぼ。


ソニヤを撫でたり話しかけると、エィミが走ってくる(ソニヤ去る)。
ソニヤとベッドにいると、エィミが乗ってくる(ソニヤ去る)。
ソニヤと遊んでいると、エィミが飛び込んでくる(ソニヤ去る)。
ブラッシングしようとソニヤを呼ぶと、エィミがすべりこんでくる(ソニヤ茫然)。


エィミは邪魔するつもりはなくて「一緒に」と思ってるみたいだけど、ソニヤはエィミが嫌い。
一緒なんて嫌なので、怒って唸りながら去っていくのです・・・。
自然、エィミと過ごす時間のほうが多かったり。
わたしだって、ソニヤのことも可愛がりたいのになー。


人間は兄弟の順番が性格に現れるといいますが、家庭の中の猫もそうなんだなって思います。

とりあえず、平等を期して、ベッドをもう一つ作ってあげなくてはね~。
[PR]
by diastella | 2014-11-18 18:15 | ソニヤ

ソニヤ7才

11月になりました。

その前に……先月の25日は、ソニヤの誕生日でした!


c0094558_13491471.jpg



忘れていたわけではないのですが~。
当日、ソニヤ村でお世話になっていたシッターさんにメールを頂いて思い出しました^^;


c0094558_13491212.jpg



誕生日のプレゼントは、新しい爪とぎ(左)。
エィミがバリバリ爪を研ぐので、どんどんボロになってしまうのよね。

この日も、ちょっと目を離した隙にエィミが乗り込んで盛大に爪を研いだので、
ソニヤが怒って走ってきました。


c0094558_13491370.jpg



ソニヤ、7歳。人間でいうなら44歳。
そろそろシニアフードへ切り替えの時期なのだそう。

引越し以来、寝ている時間が増え、前は大好きだったササミやカツオのおやつには目もくれず、サツマイモやキャベツも食べなくなりました。年のせいか、食の好みも変わってきたね。

でも、病気をすることもなく、元気です。
これからもずっと元気でいてね。

ソニヤ7歳の体重は6.7kgでした。


c0094558_13491264.jpg



エィミは3.3kg。
ソニヤのちょうど半分です。

10月はソニヤの誕生日だけど、街中に黒猫グッズがあふれ、まるで主役みたいなエーちゃんなのでした。
[PR]
by diastella | 2014-11-05 19:00 | ソニヤの記録

おまけのタヒチ

前回の記事でボラボラ島のことを書いたのですが、タヒチ島については触れなかったので、書いておきます。

東京ータヒチ間のフライトは往復それぞれ週に2回しか出ていません。
復路の飛行機は7:20AM、ということで、最終日の前日はタヒチ島の首都パペーテに1泊する必要があります。

タヒチ島にはゴーギャン美術館がありますが、パペーテからは遠く、行くとしたら1日がかりになりそう。アート好きなAくんのため、パペーテに2泊するかどうか相談したのですが、ゴーギャン美術館の作品は一つ残らずイミテーションであることを知り、行かないことになりました。この決断があとで功を奏するのですが……。

ボラボラのホテルをチェックアウトしたのが11時。そこからボートとプロペラ機を乗りついでパペーテのホテルに到着したのが14時頃だったかな。


c0094558_02435130.jpg
飛行機なのに、席は決まっておらず早いもの勝ちのプロペラ機。


別料金だと思ってた市内観光のオプションが全員についているというので、バスに乗せてもらってパペーテ市街へ行きました(ホテルはどれも、市街地からは車で15分ほど離れていました)。

市内観光と言っても、観るものは特になく、自由行動でお土産屋さんめぐりをしたあと、全員でルロットという夕方になると出現する屋台村へ移動して、銘々夕飯を食べてからホテルに送ってもらう……というもの。


c0094558_02441528.jpg
ルロットの様子。広場にバンのお店が30軒くらいあったかな。中華やピザ、ガレットのお店など。


ボラボラのホテルには、ものすごく小さな店一軒しかなくて、それも滞在者が必要なTシャツやら帽子やらを売っているようなものだったので、パペーテでお土産を買うつもりで、出かけたのですが……。

まず、連れて行かれたショッピングモールというのの店が、ほとんどシャッターが降りている……。現地の人が行くマーケットがあるということで行ってみたけれど、そこもあんまり人がいなくて、さびれていて……。街全体がなんとなく暗い雰囲気。「みんな…、どこ?」と泣けてきそうでした(笑)。


c0094558_02442783.jpg
中華料理。量は多いけど、そんなに美味しいものじゃないです…。焼きそば1200円くらい。


タヒチには黒真珠やバニラなどの名産品もあるけれど、やっぱりメインの産業は観光なのかな。物資の多くは、フランスからの輸入に頼っているとか。暑い国ならではですが、果物あり魚ありで、働かなくても生きていけるため、全然働かない若者も多いそうです。


c0094558_02443692.jpg
人気の無いマーケット。街中にもあんまり人がいなかった・・・。


そして、ビックリなのは物価の高さ。ホテルにいるときは、リゾート価格だと思っていましたが、市街のスーパーでも日本と同じかそれ以上の高さ。屋台の水、800mlで500cpf (500円と思ってください)。30cmくらいのお魚は1000cpf。これじゃ現地の人は働いても生きていけないよ。フランスからの輸入に頼るため、こうなるらしいですが。どうやら、植民地を独立させないための陰謀でもあるらしい。。。


なんだか、わたし達はくらーくなってしまい、もしもう一度タヒチに来る機会があったなら、パペーテではホテルから出るまい、と決めました。


c0094558_02440773.jpg
ホテルからの眺め。プールで泳いでいたかったなぁ…。向かいに見えるのはモーレア島。



ちなみに、これからタヒチを訪れる人のために書いておくと、お土産もののお菓子もゴーギャンの絵のついたチョコレートかクッキーか紅茶くらいしかなく、買うなら空港で買ったほうが良さそうです。空港の売店は日本の飛行機に合わせて5:00AMくらいから開いてます。

最後に、タヒチと言えば、何年か前に「仔猫殺し」で有名になった坂東真砂子さんが住んでいた場所ですね。

当時、彼女へのバッシングが酷かったですが、わたしは、猫は大好きだけど、彼女の言い分はよく分かる気がします。

「仔猫を殺すのは酷いこと。だけど、猫を避妊・去勢するのも同じくらい酷いこと」

彼女はそれが言いたかったのだと思います。
そして、動物を避妊・去勢することを「最善」としている世の中に、一石を投じたくて、あのエッセイを書いたのだと。

多分、彼女を批判した人は、仔猫の「命」に目を向けている。
だけど、彼女は猫達の「生」に目を向けていたのです。

ただ命があるだけで、生きているとは言えない。
例えばあなたが、生殖能力を奪われて、6畳一間に永遠に閉じ込められたとしても、食べ物が豊富にあるから幸せだと思えるでしょうか?

「ペットに避妊手術を施して『これこそ正義』と、晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する」と彼女は言っています。

わたしも、避妊した猫を2匹飼っていますが、そう思います。
少なくとも、同様のことをしている人は誰も、彼女のことを「残酷」と責めるべきではないのです。
なぜなら、あなたのしていることも、同じくらい残酷だから。

確かに今、世の中は(日本は)、「犬や猫は避妊・去勢手術をして、完全室内飼いすること」が主流となってきている。わたしのように、疑問を感じながら長いものに巻かれている人もいるでしょう。だけどそれは、人間の都合だけを考えた今現在の最善策であって、時が流れ、場所が変わればきっと簡単にひっくり返る価値観に過ぎません。ましてや、正義などではありません。

その後、坂東さんはポリネシア政府に「愛玩動物への虐待」を告訴され、イタリアを経て日本に帰国したあと、今年の初めに死去されたようです。ポリネシア政府の対応は、観光地として「楽園」のイメージに傷がつくことを恐れて(特に、日本人の目を気にして)ではないかと思ったりしますが……。

今回、タヒチから帰って、初めて坂東さんの著書を読みました。
「南洋の島語り タヒチからの手紙」というエッセイです。
タヒチに住んで、野良鶏の玉子を奪ったり、車にはねられて死んだ鶏を解体して食べて生きている坂東さん。これを読むと、彼女がいかに真摯に「生」と向き合っていたか、生半可な気持ちで仔猫を投げ捨て、それをエッセイにしたのではないことが、よく分かります。

「目の前の命」だけに目を向けバッシングするだけで、彼女の意図、その命の裏に広がる意味を理解しようとする人がほとんどいなかったことを、残念に思います。いつか、彼女の真意が多くの方に理解される日がくるといいな。

そのときにはきっと、人と動物が無理なく共存できる日が近づいている。
そう思うからです。


c0094558_02571624.jpg
くるといいにゃ〜。






[PR]
by diastella | 2014-08-23 03:05 | 旅に出てました。

エィミ2歳

5日は、エィミがうちにきて1周年になる日でした。

出生日不明のエーちゃんの誕生日は、ソニヤに合わせて10月にするつもりでしたが、
11月1日に、小さかったけれど避妊手術をした、とボランティアのおばさま達から聞いたので、多分8月生まれだろうと、家に来た日を誕生日にすることにしました。


c0094558_23541344.jpg


写真を見返すと、家に来たばかりの子はやせていたね。

優しくて賢くて、可愛いエィミ。
本当は、飼い主を探すつもりで保護したんだけど、見つからず(あまりがんばって探さなかったともいう)、今ではうちにいなくてはならない存在です。


フェレットのなんちゃんと遊ぶときは、がうっと飛びかかる真似をしながら、本当は当たらないようにちゃんと気をつけてるところや、

Aくんとわたしが口喧嘩でもしようものなら「ケンカダメー!」と割って入るところや、

わたしがソニヤに「可愛いね。大好きだよ」なんて愛を囁こうものなら、ダダダッと走ってきて、1Mくらい離れたところからジーッと見ているところや、

ソニヤにちょっかいを出してハーっと怒られてしょんぼりしても、逆ギレはしないところや、

甘えたくなると、勝手にひざに飛び乗ってくるところが、すき。


これからもずっとずっと、元気でね。



c0094558_1301748.jpg


ペットシッターさんが撮ってくれたエィミ。
ベランダで水やりをしてるシッターさんに「戻ってきて〜」と鳴いてるところ。
[PR]
by diastella | 2014-08-09 01:37 | エィミ

ゴールデンウィーク

みなさん、こんにちは。
GW、楽しく過ごしてますか?

わたしは暦通りの出勤なので、ゴールデン「ウィーク」ではないんですが、
友達と遊んだり、夫と大きな公園に行ったり、楽しく過ごしています。

落ち着いて家の中のことも出来るので(あんまりやってないけど…)、
キャットタワーを眺めの良い窓があるほうへ移動してみました。ら。

エィミはタワーのてっぺんが好き。ソニヤは箱が定位置。
てっぺんに登りたいエーちゃんですが、タワーには先客が……。
乗りたい場所は違うので一緒に使えばいいのですが、
ソニヤは、エィミが近づいただけで唸るんです。


c0094558_030129.jpg
アソコに登りたいニャー。


c0094558_030169.jpg
でもアイツが怒るしニャー。


c0094558_030072.jpg
諦めるか。。。



がっくりしている、かわいそうなエーちゃん^^;

ソニヤがもっとやさしく、寛容になってくれたらなあとは思うけど、
エィミのアプローチのしかたも、寝ているソニヤに足音をしのばせて近づいてはつついたり、
気を抜いて歩いているところに後ろから飛びかかったりと、かなりウザーいの(笑)。
小学校のクラスに、一人くらいいるような、仲良くしたいのにやり方わからないタイプ。

まあ、基本的に「気が合わない」んでしょうね。
(ソニヤに、気の合う猫がいるのかどうかギモンだけど…。)


c0094558_0295963.jpg
一人っ子が良かったニャ。



そうでしょうね。


c0094558_0295990.jpg


こちらは、先日焼いた豚肉のスペアリブ味噌ヨーグルト焼き。
お味噌、ヨーグルト、にんにく、醤油に漬け込んで焼くだけ。
一緒に新ジャガも焼きました。

オーブンで焼くだけメニューを用意しておけば、焼いている間にささっとお味噌汁とサラダを作るだけで済むのでらくちんです。帰宅後、30分でご飯を食べるのが理想ですが……自分の分だけじゃないと時間かかるー。修行中です。
[PR]
by diastella | 2014-05-05 09:26 | こんな日でした。

くじ運

みなさん、くじ運はいいですか?

わたしは、特に悪いとは言わないけれど、良いとも言えないかなぁ…。
子どもの頃から、当たり付きのアイスや、懸賞や、そんなものに当たることも少なく…。

そんなわたしの元に、突然、美術展の招待券が届きました。
応募したことも忘れてたけど(たぶん、そんな興味なかったから。笑)、うれしいな〜。

と、喜んで、週末にいそいそ出かけましたらば。

c0094558_23443930.jpg


観覧無料!?

たまたまその日、イベントがあって無料だったとか・・・!!
損したわけじゃないんだけど、なんだか…なんだか…残念……。

と悔しがっているわたしの横で、Aくんが一言、

「感無量です」

むっか〜(笑)
おかげさまで、思い出に残る一日となりましたよっ。


話変わって、去年のことですが、フープロを初めて導入しました。
使い慣れない機械で、勝手が分からず、しばらく飾り物になっていましたが、使い始めてみるとあら便利。みじん切りもあっという間だし、捨てちゃったミキサーの代わりにポタージュも作れるし、大根おろしだって簡単だし。

昔、フープロが普及し始めた頃、機械にまかせた大根おろしなんて美味しくないわ、と決めつけていたのですが…遜色ないし、なにより時間がかからない〜。指も削れない〜。

仕事から帰ってご飯を作ると、どーしても時間がかかってしょうがないので、最近はどうにか時短しようと、使えるものは何でも使ってます。フープロは便利! 蕎麦をゆでる2分の間に山芋からとろろが出来て、とろろ蕎麦の完成〜☆となったときは感動しました。

クッキーも、材料入れてポンで、生地ができましたよーすごーい。
(左下にエィミクッキーがいます。)

c0094558_23443887.jpg



まあ、今更フープロで感動してるのって、わたしくらいですよね(笑)。


話にまとまりがないけれど、Aくんの撮ったうちの子たち。

c0094558_23444181.jpg


鳩を眺めてるところを邪魔されて若干迷惑なそーちゃんに、

c0094558_23444125.jpg



種を越えた友情を思わせるエーちゃんとナンちゃん。
(多分、好き勝手走るナンちゃんを、エィミが追っかけてるだけ。)


c0094558_2344408.jpg


最近、安いお花屋さんを見つけてうれしい、りすでした。
[PR]
by diastella | 2014-04-22 00:12 | こんな日でした。

ソニヤとエィミが人間だったら。

家で、たまにお絵描きをして遊びます。



①りす作 「もしソニヤとエィミが人間だったら」

c0094558_10532953.jpg


②Aくん作「もしソニヤとエィミが人間だったら」

c0094558_10533092.jpg


③Aくん作 「Take2 - もしソニヤが人間だったら」
c0094558_1053312.jpg



・・・ひどいです(大爆笑)。


うちにちゃんとしたオーブンがあるので(前はレンジに毛の生えたオーブンだった)最近よくお菓子を焼きます。


ソニヤクッキー。
14分焼くといいかんじ。

c0094558_1053311.jpg

[PR]
by diastella | 2014-04-13 10:53 | こんなのできた。(その他篇)

4月

4月に入りましたね。
消費税も8%になりました。みなさん、買い溜めしましたか?

買い物と言えば、わたしは猫達の買い物にはAMAZONをよく利用します。
ぽちぽちするだけで手軽だし、重いものも家に届けてくれるし、届くの早いし。
増税前の買い溜めも、AMAZONでやりました。

ソニヤにはいつも、ロイヤルカナンのメインクーン用2㎏を買っているのですが、
このフードは高価なだけあって外猫達にも大人気で、仲良し猫さんが増えたこともあり、
初めて10㎏を買ってみることにしました。
(量は5倍だけど値段は3倍なので、こっちのほうがお得なのです。)
ベッドの中で眠い目をこすりつつ、ぽちぽちぽちっと買い物して、次の朝目が覚めてみると、メールボックスにAMAZONから「ご注文の確認」のメールが、なんと!! 
〇万円分届いてたのです。

確認すると、1つ買ったはずの10㎏のフードが3つも入っているではないの~。
慌ててキャンセルしようとしましたが、既に出荷準備に入っているとのことで出来ず。
AMAZON、はやい!速すぎる~。

というわけで、うちの玄関はこんなことになってしまいました(泣)。
(よく見るとイリュージョンなことになってます。)

c0094558_2139241.jpg



Aくんは、「どうせいつかは食べるものだから~。」とのんびり言ってくれのが救い。
しかし、賞味期限までに30kgもソニヤとエィミで食べきれるわけもなく、増税の焦りは思わぬ損害をもたらしたのでした。

c0094558_21392577.jpg



まあ、外猫さん達にたっぷりあげられるからいいか。
春になってあたたかいので、みんな、ちょっとうれしそうです。



しかし、税金を払うのはかまわないけれど、実感できるほどに還元してほしいですね。
よろしく頼みますよー。


c0094558_21392628.jpg

[PR]
by diastella | 2014-04-07 21:39 | こんな日でした。